治療に大げさなイメージを持たなくても良い

歯科矯正

歯科矯正を行う際、抜歯を行ってから実際の歯列矯正に入る病院は意外と多いですが、歯列矯正の技術はとても進化してきていて、痛みや負担の少ない施術方法がほとんどです。実際に、抜歯をする際は、とても痛いのではないか、と心配する人もいるかもしれませんが、麻酔をかけていればほぼ痛みはありませんので、安心して施術を受けることが可能です。特に小さな子供や歯科検診をあまり受けたことのない人は、抜歯は大きな出来事とイメージするかもしれませんが、実際はほとんど痛くも怖くもありません。また歯列矯正の際は、歯の裏側に矯正器具を付けるタイプや、マウスピースを使用する方法もあり、とてもバリエーションが豊かです。

ラミネートベニア等の便利な手法も人気

歯科矯正

抜歯をすると、とても歯並びを整えやすくなりますが、やはりドクターの指示をよく守り、矯正中の歯のケアや管理はきっちりと行うことが大切です。そして、抜歯をすると、親知らず等が、歯茎の奥のほうに生えている場合も、柔軟に対応することが可能なので、あとあと便利です。抜歯したところに親知らずを生やす方法だと、大きな手術をしないで済む場合もあり、結局は短期間の矯正ですむ場合もありますから、ドクターとしっかり相談して選択できると素晴らしいです。子供のころに長い間目立つ矯正器具を付けて生活をしたくない、という人は、目立たない方法も多くありますから、一度訪ねてみると便利です。また、ラミネートベニアという方法もあり、歯の表面を削ってからセラミックを貼り付け、歯の並びや色を整える矯正方法もありますが、ラミネートベニアの際も勿論、抜歯を行うこともあります。

痛み止めが必要なほど痛むことも少ない

親子

また、抜歯後は、あまりすぐに食事をしないほうが賢明ですが、血が止まった後は、基本的な注意を怠らなければ、さほど神経質になる必要はありません。抜歯後の痛み止めが処方される場合がありますが、結局は使用しないで済むことも多いです。勿論、抜歯後はあまりに激しい運動をしないほうが良いですが、さほど長い日数を経なくても、食事の際は普通に噛むこともできるようになることが多いです。また、目立たないタイプの矯正器具もどんどん開発されて好評を博していますが、矯正器具を使用する場合は、きっちりとブラッシングをすることは大切です。はじめのうちは、矯正器具に少し違和感を感じる可能性もありますが、付けているうちに慣れてしまって、日常生活をさわやかに過ごすことができる場合がほとんどで、大変便利です。施術費用は、年々お得なシステムが増えてきていますが、分割などもあるため、生活等の経済的負担にならない場合が多く、重宝されています。特に若い世代は、親に治療費を出してもらうことが多いですが、教育費と合わせても負担になりにくい金額の場合も多いです。

広告募集中